アスパラガス日記

アスパラガスは根を育てるもの。明日に向けて自分の根を育てていく今日でありたい。今考えていることをブログに。

ラストヒロインに出演していた豊永阿紀さんがHKT48の研究生として活躍されていてとても嬉しい!

みなさんラストヒロインというテレビ番組はご存じでしょうか?

今回はそのラストヒロインという番組に出演されていた豊永阿紀さんがHKT48の研究生として活動されているということなので、その紹介をしようというものです。

ラストヒロインとは?

www.last-heroine.tv

ラストヒロインというのは正式名称「ザ・ラストヒロイン~ワルキューレの審判~」という番組の略称のことです。

 

この番組の内容についてはWikipediaの説明を引用させてもらうことにします。

番組コンセプトは、「世界一厳しい芸能学校」。東海テレビ放送が、ソニー・ミュージックエンタテインメントと、吉本興業と提携して実現した。13歳-25歳未満の女性(番組開始時に特定の芸能事務所・レコード会社に所属していないこと。国籍不問だが日本在住であること)を対象として、15万人以上が応募。その中から書類選考で勝ち上がった20人に対して審査を行い、演劇に必要な音楽、演技、ダンスの3つの要素を兼ね備える女性を育てるために、世界一厳しいとされる演出家・俳優らが、参加者を徹底的に厳しく指導するというもの。不適格と判断された者に対しては「レッドカード」を出し、その週で「退学」というサバイバルだった。そして参加者が夢に向かってガチンコで戦い、向き合う姿を描いたドキュメント要素の強いリアリティー番組である。

ザ・ラストヒロイン〜ワルキューレの審判〜 - Wikipedia

 番組では、歌、演技、ダンスの3つに対してレッスンを行い、審査をする先生方が応募者の適正度をチェックすることで進みます。

 

毎回のレッスンにはそれぞれ課題を出されており、そのできを見るということで審査が行われます。審査をして適正がないと判断された者には、イエローカード(2枚もらうと退学)もしくはレッドカード(1枚で退学決定)が与えられることになります。

逆に審査をして特によかったものにはゴールドカードが与えられるというものです。

 

評価の段階は、レッドカード<イエローカード<カードなし<ゴールドカードの4段階に分かれています。ゴールドカードはその時間の最後に審査の先生が特によかった人をを発表する時間があるので、そのときにわかります。特によかった人に選ばれたからといってゴールドカードが絶対にもらえるわけではありません。この番組においてゴールドカードは特別なもので、本当に限られた数人にしかもらえないものなのです。

 

ちなみにゴールドカードがもらえると、それ以前にもらっていたイエローカードを帳消しにする力があるため、例えば歌は得意だけど、ダンスは苦手な応募者の場合、ダンスでイエローをもらっても歌でゴールドをもらうということもあるので、本当に特別なものなのです。

 

豊永阿紀さんとは?

生年月日 1999年10月25日
血液型 B
出身地 福岡県

豊永 阿紀 | プロフィール | HKT48 OFFICIAL WEB SITE

 


豊永阿紀さんのTwitterinstagramはこちら。

twitter.com

www.instagram.com

この記事のコメント欄よりファンの方に教えていただきました!

私もチェックしてみようと思います!


 

豊永さんは現在17歳です。

 

現在豊永さんはHKT48の研究生ということからもわかる通り、豊永さんはもともとアイドルが好きだったようです。番組の中でもカバー曲としてアイドルの歌を選んだりしていました。さらに、豊永さんは常々「代わりのいない表現者になる」ということを話されていました。(Twitterなどでも)

 

豊永さんについてラストヒロインを見ていたころに私が感じたことは、自分の夢のためにがむしゃらに頑張れる人だなという印象を受けました。周りに流されないで自分の為に努力できるのが豊永さんの良い所だと私は思いました。

 

それがより良く表れている場面というのは番組の中では何度もあります。

周りに流されないで自分のために努力する豊永阿紀さん

www.youtube.com

たとえば、課外授業として、明らかにアウェイな情況の中、客前で歌を披露しなければならない場面があったのですが、そのときには事前の控え室での準備が評価される場面がありました。豊永さんが出ているのは冒頭ですね。

 

この動画については、ラストヒロインが公式で開設されているYouTubeチャンネルなので、安心してみることができます。ラストヒロインについて知らない方はぜひ最初から最後まで見ることをおすすめします。

公式チャンネルはこちら↓

www.youtube.com

 

ラストヒロインとして選ばれた人は遼河はるひ出演の昼ドラに出演する権利を与えられるなど、見ていて誰が選ばれたのかなど楽しみがあります。さらにそのドラマの主題歌も歌うなど、ラストヒロインに選ばれる価値は非常に大きかったです。見ている私たちも大変楽しめました。

 

豊永さんの他の良いところ

youtu.be

豊永さんの他の良い所してあげられるのは、

対応力の高さです!

おそらく人の話を聞いて理解し、それを自分に活かせる力が優れているものだと思います。もしくは単純に自分にとって良いことだと思えればすぐに取りいれられる柔軟性を持っているということでしょうか。

この動画での対応も素晴らしいものです!

 

厳しい評価を努力して徐々に変えていった!

豊永さんは可愛らしく明るくて女の子らしい方だと思うので、評価もそう悪くはないだろうと考えていたのですが、やはり一流の審査員の目には常々厳しい評価を受けてしまいます。

youtu.be

一番初めの歌の授業で、豊永阿紀さんは講師の玉井健二さんにより、「被りが1万人」という評価を受けてしまいます。

 

私の目には、ちゃんと衣装も準備してきて、歌も歌えていると思うのですが、プロの目にはたくさんいるうちの一人としか見て貰えないようです。

 

「いろんなことがすごくよくできているけれど、全部見たことがある!」という評価はとても厳しいものだと思いました。さらに、最後のコメントでは「ここに来る必要ない!」ということまで言われてしまいます。

 

もしここでメンタルの弱い人であれば、この時点で折れてしまうと思います。私ならそう思います。でも豊永さんは違ったと思います。厳しい評価を受けたあとに、より頑張ることができるのが本当にすばらしいです。

 

私も最初の頃は別に豊永阿紀さんを応援していたわけではありませんでした。ちゃんとできていると思うのに、やっぱりプロは厳しいなという印象ぐらいしか受けませんでした。豊永さんは結局6人しかいないラストヒロインのファイナリストまで残りましたが、初めの頃はそんな風に見える逸材ではなかったと思います。

 

私が明確に応援したと感じたのは、先ほど挙げた客前で歌を演技するという場面からです。

 

特におすすめのシーン

www.youtube.com

www.youtube.com

特に私がおすすめのシーンを最後にご紹介して終わることにします。

こちらは最終課題で行われた遼河はるひさんとファイナリスト6人による舞台です。

これを見たときに感じたのは豊永阿紀さんがダントツで一番練習してきたのではないかということです。

私の目には誰よりも自分がラストヒロインになるんだ!ということでアピールをしていたように見えます。

この動画はラストヒロイン好きの私には特別好きな場面です。

豊永阿紀さんに限らず、他の方も成長が見られ、とても感動する映像になっています。

余談ですが、遼河はるひさんの演技はやはり舞台女優でもあるので、非常に特徴的だと思うのですが、こうやって舞台経験のない人たちと並ぶと、その実力差は雲泥の差だなと思いました。

 

ラストヒロインって何かな?私が薦める豊永阿紀さんってどんな人かな?と思う人はぜひこの舞台だけでも見て貰えると嬉しいです!

 

豊永さんが出ているグッときた名シーン

ここでは豊永が出演している名シーンを紹介してみようと思います。

どの回もそうだと感じるのですが、豊永さんは毎回の課題に自分の意思をもって参加しているように思います。

講師の方々の評価はその都度バラバラですが、何を考えて、何をやろうとしているのかが、素人目から見てもはっきり表れているシーンが多く見受けられ、そういう部分を含めて豊永さんの良さを感じてしまいます。

ではさっそく紹介してみようと思います。

 

歌の中で感情を表現しようとするボーカルシーン

youtu.be

豊永さんのシーンは5分32秒からです。

前回の一番初めのボーカルの授業の中で、講師の玉井さんにかぶりが1万人という評価を受けてしまいます。その後、プロの方によるボイスレッスン指導を受け、前回の曲をもう一度歌うことで、評価するというものがここでの課題になっています。

 

この豊永さんの評価では、残念ながら

学芸会

https://youtu.be/4O3FeUVbUTY?t=6m29s

レベルであるという評価をされてしまいますが、豊永さんが歌の歌詞をより上手く表現をしようと声色を変えたり、前回よりも自分なりに工夫していたことが見受けられたのではないかと私は感じています。

 

講師の目には良い評価と受け取られなかっただけであって、常に自分でどうするか、どう見せるかを考えて実行できる力があるのではないかとうかがえるシーンだと思いました。

強い意思ある目が光る演技のシーン

youtu.be

豊永さんのシーンは3分15秒ぐらいからです。

 気の強そうな目がキラッと光る感じが豊永さんの演技には表れています。

おそらく前回に指摘されたことをより強めに表現したものだと思います。

講師の方からは、

今日は彼女は最高でした

https://youtu.be/IaSCXu5ZqOw?t=4m29s

というお褒めの言葉を貰ってます。

その後のコメントでは、

ちょっと田舎っぽい芝居になっていたのが残念だったんだけど、でも、叩き方と持っていき方で意外と感性があるのかなっていうふうに思いました。

https://youtu.be/IaSCXu5ZqOw?t=4m31s

 というコメントももらっています。

田舎っぽいという印象は講師の方にとってはマイナスなのかもしれませんが、私的には素朴な感じで逆に好印象を抱きました。朝ドラなんかに出れそうに感じました。

 

大人っぽいのダンスを表現するシーン

youtu.be

豊永さんのダンスは開始1分ほどからです。

このときの課題はオリジナルダンスでした。

講師の方がいくつか選曲をしたものを自分たちで一つ選び、そこにオリジナルの振付で踊るという課題です。

残念ながら講師の方による評価は映像には入っていませんでしたが、当時15歳とは思えない大人の色っぽいダンスを披露しています。

豊永さんは清楚な落ち着いたスタイルからアイドル風のスタイル、そして今回のような大人っぽい雰囲気まで幅広く表現できるところが素晴らしいなと感じています。

様々なシーンを想像して、その役になりきろうとする力が備わっていることが見受けられ、これから先ドラマや舞台などで様々な場面で活躍できるのではないかという印象を受けました。

また、人を惹きつける要素を多分に秘めていると感じますので、もっともっといろんな場面で活躍できるのではないかと感じてます。

私の勝手な予想として、アイドルとして本当にトップレベルに活躍したのちも、他の様々な場面で活躍できる要素が存在するのではないかと考えます。

何事にも一生懸命に頑張る姿が見えるので、何でも上手くやって魅了してくれそうな気がします。

まとめ

私はアイドルはまったく好きではありませんが、ラストヒロインに出ているときに応援していたので、HKT48の研究生になったあとも変わらず応援したいなと思っています。

 

豊永阿紀さんに限らず、自分の為に努力できる人は本当に素晴らしいと思います。ネタバレになりますが、結局豊永さんはラストヒロインにはなれなく、また主題歌を歌えるメンバーにも選ばれなかったのが、見ていて応援していた私としてはすごく残念でした。でも、今こうやってHKT48の研究生として夢に向かって新しい活動をされているという話が聞けて本当にうれしく思います。

 

アイドル活動について詳しくありませんが、今は本当に飽和に近い状況だと思います。しかし、ラストヒロインに出ていたときの豊永さんであれば、すぐに人気が出るものだと思います。

 

さらなる活躍を期待しています!

 

追記2016/11/23

調べてみると自分が予想していたよりもずっとはやいペースで、豊永阿紀さん人気が急上昇しているということなので、もう少し豊永さんについて紹介してみることにします。

 

最終課題の舞台後、つまりはラストヒロインの発表があった後に、舞台裏でファイナリストの人たちが番組の講師陣に声を掛けられる場面があります。

 

豊永さんが出てくるのは下の動画の2分54秒あたりです。

youtu.be

 

そこでは講師(歌担当)の玉井健二さんにこんな言葉をかけられています。

頑張ったね 偉いね
全部伝わっているから
ちゃんと人に伝わるから

【完結編②】ラストヒロイン決定!!さらに重大発表が!!【ザ・ラストヒロイン】Ep.22 後編 (2015.6.25.O.A.) - YouTube

 こんなことを勝手に言うのはいけないことかもしれませんが、最初のころ玉井健二さんにとって豊永さんはまるで響いていなかったのではないかと思います。先述した通り、「被りが1万人」という発言や、「ここに来る資格はない」という発言をされていました。

 

でも、最後に豊永さんの頑張りや成長が、プロの玉井さんの考えさえも変えるような何かがあったものだと推測します。豊永さん押しの私としては、この最後の玉井さんの言葉に号泣しました!あの厳しかった玉井先生が頑張りを認めてくれる発言をしてくださったのだから!そして、頑張ることが人に伝わると教えられたような場面だったと思うのです。

 

全部伝わっているから
ちゃんと人に伝わるから

この言葉はプロが言うからこそ、重みが違うと思いました。

 

見ている私にも、豊永さんがラストヒロインという番組の中で一番努力した人なのではないかと、ずっとずっと感じていました。私がそう感じたように、多くの方にもそう感じてもらえているのではないかと考えます。

 

アイドルについて詳しくないので、あまり勝手なことは言ってはダメだと感じていますが、48グループはやはり人数が多いだけに、外見以上に、人としての中身が重要視されているのではないかと考えます。

 

すくなくとも、自分の夢に向かって努力できる人を嫌いな人はそういないのではないかと思うので、その点豊永さんは中身を好きになっている一要素を秘めているものと考えます。

 

外見ももちろんアイドルらしくてかわいらしいのですが、ただかわいいだけじゃない人として好きになれるものをもっていらっしゃるのではないかと考えます。

 

あそこまで頑張る姿は、なかなかみられるものではないと思うので、もう私は変わらずあしゅらーです!(豊永さん推しをそう言うようです。)人として豊永さんを尊敬するのです!

 

多くの人がアイドルを応援したいと思う気持ちが、私には豊永さんを通して知ることができました。頑張っているからこそ、上にあげたいと思いますよね。私もそうです!

 

いつか音楽番組などでテレビに出られる機会があるならば、その時を楽しみに待ちたいものです。

 

豊永阿紀さんが思い浮かべる夢や目標を叶えてほしいと強く思います!

 

 

追記2016/12/12 紅白について

2016年12月08日からNHK紅白歌合戦公式アプリ「NHK紅白」よりAKBグループの中での紅白出場メンバーの投票ができるようになったようです。

www.nhk.or.jp

2016年12月16日からはデータ放送からも投票開始になるということです。

 

ということで、私の方でもアプリを入れさせていただいて、豊永阿紀さんに投票しておきました!

数々いる名前の中から豊永さんの項目をタップすると、画面遷移し、豊永さんの写真が大きく表示され、その下に投票するというボタンが表示されます。その投票ボタンを押すことで簡単に投票ができました。操作性のわかりやすいアプリだったので、もし投票がお済でない方はぜひよろしくお願いします。

 

注意点として一つ、アプリは投票しても紅白が終わる前に消してしまうと、投票が無効になってしまうようなので、消す場合は番組終了後にするとよいみたいです。

 

私は豊永さんに紅白出場を果たしてもらいたいと強く思っております。

それは、2年前のラストヒロインのときに、「ここに来る資格はない」と言われていたところから、豊永さんが本当に頑張って頑張って頑張って、徐々に評価を変えていき、積み重ねてきた努力の結果が紅白の舞台上で感じ取れる瞬間だと思うからです。

 

HKTの研究生になり、舞台に立ち、テレビなど様々な経験をすでになされていることでしょうが、豊永さんならもっともっと上に行ける存在だと思っています。

 

だからこそ、紛れもなく「あそこ(紅白)に行く資格のある」人だと思うのです。

 

私も陰ながらですが応援しています。

すでに多くの良いファンの方達から、愛され支えられていることだと思うのですが、もっともっと多くの方から愛される存在になることを強く願っております。

 

追記2017/02/11 この記事についての私の現在の心配

この記事を公開してからというもの、多くの方にアクセスしていただき、同時に豊永さんの人気をそのたびに再確認できて大変嬉しく思っています。

 

しかしながら、私のこの記事は豊永さんのラストヒロイン出演時の良い部分をまとめたにすぎないものであり、現在HKTで頑張っている豊永さんのものとは異なります。

 

今まさにHKTでさらに努力を積み重ね、より良い部分をファンの方に見せているであろう行動があるはずなのに、この記事が検索結果の上の方に来ているままだと、豊永さんの現在の魅力を今のファンの方たちに伝えることができないのではと思い、私自身としては、ご本人やファンの皆さんにとってマイナスなのではないかと考えています。

 

記事を書いた者としてはアクセスがあり読んでもらえていることは大変嬉しい限りなのですが、もしかしたらいつまでもラストヒロインの豊永阿紀を引きずりたくないと考えるご本人の気持ちやファンの気持ちがあるのではと思い心配している部分があります。

 

もちろん、今の活躍をまとめるより良い記事が出て、検索順位は自然と下がっていくだろうとも考えていますが、ただ申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

私はHKT事情やアイドル事情に全く詳しくないので、豊永さんの活躍を完全に把握することはできていません。

 

ですが、SHOWROOMのライブ配信やメール配信などを使い、今現在豊永さんがファンの方たちと繋がれる方法でアピールしながら頑張っているということは知ることができています。

あと、歌が同じ時期に入った研究生の中で一番うまいということも聞いています。

それだけでもとても嬉しく感じています。

 

ラストヒロイン出演時やラストヒロイン終了後にも、Twitterを使いよくつぶやいていた姿をよく見ていたので、その頑張りが本物であることを容易に理解できます。

 

彼女はまだ10代ですが、豊永さんの考えや行動、つぶやきから教わることはいくつもありました。

 

また、よく豊永さんのお姉さんの活動をリツイートしたり、お姉さんとのエピソードを書いていたことがお姉さん想いの優しい人だなと感じていたことを覚えています。

 

今は当時の豊永さんのTwitterは見れなくなっているので、どれがどうだということは具体的には申し上げることができないのですが、私がここで書かなくても、今現在ファンとして応援していらっしゃる方でしたら、そういうすごい!と思えるような感心させられるような事柄を私より多く知っているのではないかと考えています。

 

要するに何が言いたいのかと申し上げますと、私のこの記事が、豊永さんの今の素敵な頑張りやより努力しながら活躍している姿を差し置いて、過去のラストヒロイン時代のイメージを過剰に植え付けてしまっているのではないかと思い、ご本人や彼女のファンの方たちにとってあまり良いことではないのでは考えているということです。

 

朝ドラの女優が朝ドラのイメージを次の活躍の為にいつまでも引きずりたくないという話を聞くので、今回の様な事柄を以前から心配していたということです。

 

今回のケースは役のイメージがついているとは違うので、そこまで影響はないとも考えています。

 

 

ご本人が目標としているところまで、頑張り続けてほしいなと思います。