読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスパラガス日記

アスパラガスは根を育てるもの。明日に向けて自分の根を育てていく今日でありたい。今考えていることをブログに。

餃子の皮から手作り餃子を作ってみた。

料理

今日初めて餃子の皮から手作り餃子を作ってみました。

中国に留学していたころ、中国のとある家庭で餃子作り体験をしたことがあって、そのとき皮を作る作業から体験をしたので、その体験を再び家でやってみようと思い作ってみました。

 

作ったのは水餃子です。中国では水餃子や蒸し餃子の方が主流なので、私も今回は水餃子で作ってみました。

 

調理方法は、以下の感じ。

①強力粉と水を2対1の割合で水を入れながら生地を作る。

②生地がまとまったら冷蔵庫に30分から1時間ぐらい冷やし寝かせる。

③生地を小さくちぎり、小分けにする。

④小分けにした生地を棒で丸く平らにして餃子の皮にする。

 

中の具についてはこんな感じです。

①豚肉のミンチ肉に野菜(ニラやキャベツOR白菜)とニンニク、ショウガを入れ混ぜる。

②味付けに醤油、料理酒を入れる。・・・

 

まぁ具は適当です。正直今回餃子の皮を自分で一から作ることが目的だったので、具については適当でいいです。

 

皮と具ができたら、あとは包んでゆでれば出来上がりです。(15分位)

 

 

作った出来栄えは・・・

正直ですね、まずかったです!笑

 

労力が何も報われないぐらいまずかった。

 

結構時間かかったんですが、残念です。

 

餃子の皮の生地がかたかったです。おそらくゆで時間が足りなかったのかなと思います。それと、私は普段料理はあまりやらないのであっているかわかりませんが、強力粉だけでなく、薄力粉と混ぜて作るべきだったのかなと思います。表現が適切かどうかわかりませんが、ごわごわな感じでした。ちょっとかための小籠包の皮位。日本で売られている、王将の水餃子(冷凍)とは全然違う感じ。つるんとした感じがなく、ただただ皮を食べている感じで完全に失敗しました。

 

中国では餃子は主食という考え方があるので、家庭で手作りするときは100個は平気で作ると言います。私が作ったのは大体30個ぐらいなのに、中国人すごいなと感心しました。

 

次こそはちゃんと作れるように研究したいなぁと思いました。

 

 

とりあえず死ぬまでにやりたい100のことの一つを終わらせられたので良かったです。