読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスパラガス日記

アスパラガスは根を育てるもの。明日に向けて自分の根を育てていく今日でありたい。今考えていることをブログに。

ドメインの基礎知識とドメイン取得ポイント。私がやってしまったドメイン取得時の失敗とともに。

ドメイン

f:id:asparadiary:20160910021809p:plain

先日ちょっとした思いつきでサイトを運営しようと思って、WordPressの有料テーマと新規ドメインを取得しました。

 

 数日前に書いたソフトウェアにお金を支払って買うという価値観。という記事でも書いたのですが、サイトを作ろうと思った経緯がとても衝動的だったので、本当にたいして吟味するわけでもなく、30分ほどという時間の中で、WordPress有料テーマと新規ドメインを取得してしまったのです。

 

ということで、今回は私がやってしまったドメイン取得時の失敗という話。いや~、なんですかね。正直そうか~。そうだよねっていう感じで、あきらめと納得の両方の気持ちがあります。ちなみにWordPressの有料テーマについては正直いらなかったと思っています!笑

 

ちゃんと考えて吟味して決める!本当に大切ですよ~。ということでドメイン取得方法とともに私の失敗について述べていきます。

ドメイン取得方法

みなさんドメインとは何かご存じでしょうか?はてなブログの特にProでブログを更新している人は特に詳しいのではないでしょうか。

ドメインとはいったい何のことなのでしょうか?

ドメインとは、ネットワークに接続しているコンピュータの場所を示すインターネット上の「住所」にあたります。

Yahoo!ドメイン - ドメインとは

 みなさん多くの方が特定の住所をもって生活しているかと思いますが、Webサイトにおける住所がドメインという扱いになります。要するにそれぞれのサイトを特定する識別文字のようなものですね。

 

例えば、はてなブログですと、hatenablog.comというのがドメインにあたります。Yahoo!だったらyahoo.co.jpというもの、他には日本気象協会だったら、tenki.jpというものになります。

 

これらのドメインは世界中でたった1つしかありません。もし2つもあったならば、検索サイトなどで検索したときに、どのサイトを表示すれば良いか困ってしまいます。なので、もしあなたが、hatenablog.comというドメインを取得しようと思っても、もう絶対に新規でとることはできません。(ちなみに、使わなくなったドメインを他の持ち主から買うという方法はあります。)

 

.comや.co.jp、.jpの違いは?

色んなWebサイトを見ていると、.comで終わるドメインのサイトもあれば、.jpで終わるサイトもあります。これらの違いは一体何なのでしょうか?

 

基本的にはgTLDドメインというものと、ccTLDドメインというもので分かれています。

 

gTLDドメイン

gTLDドメインというのはgeneric Top Level Domainの略を表し、国籍や所属(個人や企業かどうか)にかかわらず全世界の人が取得できるドメインのことを言います。

 

それぞれには用途によってドメインの種類が分かれています。

.com 商用

.net     ネットワーク関連

.org    非営利組織

.biz     ビジネス

 

など

 

一般的には取得したい文字列で.comがあるのならば、.comでとるのが普通だと思います。私の勝手なイメージで申し訳ないのですが、URLイコール○○.comというパターンが浸透しており、URLに疎い人もすぐにURLだと認知してもらえるのが大きいですよね。

 

世界中で使われていますし、もしかしたらサイトに海外からの流入もあるかもしれません。

 

.comがなかったら.netをという方が多いのかもしれませんね。昔は.netはネットワーク関連の会社、サイトでとられることが多かったのですが、今では.com同様に一般的なサイトで使われることが多くなりました。

 

あとは、.orgだったら非営利団体という制約があったり、.bizだったら商用目的でないと取れなかったり、色々条件があったりします。

 

ccTLDドメイン

ccTLDドメインcountry code Top Level Domainの略で、こちらは国、地域別のドメインとなります。gTLDでは全世界の人が取得できるものであったのに対し、例えば、「.jp」でしたら日本国内に在住していなければドメインが取得できないという制限があります。「.cn」であれば中国に、「.us」であればアメリカにいなければドメイン取得できません。

 

でも逆に言えば、「.jp」のドメインサイトであればすぐに日本のサイトだと理解できますし、仮に日本の情報を発信しているサイトであれば「.jp」をつけるのがよさそうでしょう。ちなみに、「.jp」ドメインは個人でも取得が可能です!他の「.com」や「.net」と比べるとドメイン料金がやや高いのですが、それだけこだわりのあるサイトにはぜひ「.jp」ドメインをつけると良いのではないでしょうか。世界的に見ても「.jp」ドメインは価値のあるドメインと認識されているみたいですから。

 

ちなみに、ccTLDドメインの中でも、「汎用JPドメイン」と「属性型JPドメイン」などに分かれていたりします。「汎用JPドメイン」というのは単純に「.jp」とついているものです。こちらは個人、企業、組織にかかわらず誰でも国内在住であれば取得することができます。そして、「属性型JPドメイン」であれば、「.co.jp」なら企業向けになっており、「.ac.jp」であれば教育機関(大学)向けとなっていたり、属性によって取得できる条件が異なります。その他の分類についてはこちらのサイトでご覧になれます。

ドメイン名の種類 - JPNIC

 

ドメインは短くて覚えやすいものの方が良い

これはもうドメインを取るときの当たり前の知識です!

そもそも長いURLだとそれだけで嫌われます。怪しいげなサイトって大体長いURLのものが多いですよね。(すみません。これは私の偏見かもしれません。)

 

でもURLが長いとTwitterFacebookで宣伝するときなどにとても不便です。

 

だからこそ、ドメインは短いものを選ぶようにしましょう。

 

そして覚えやすさというのも重要です。

例えば音楽サイトだったら、musicという文字が入ったドメインであるならば、すぐに「音楽のサイトだ!」とリンクを踏む前から気づいてもらえます。逆に音楽のサイトをやっているのにもかかわらずsportsという文字列を入れるのはやめましょう!

 

そしてドメインは先ほど書きましたが、世界中で同じドメインは1つしかありません。世界に一つだけのドメインです。

 

だからこそ、おそらくmusicやsports、book、hotelなどという文字列の短くて覚えやすいドメインはすでに誰か手によって取得されているはずです、

 

プレミアムドメインとは?

過去には短くて価値のあるドメインを求め、億の取引がされることも珍しくありません。例えば「お名前.com」というドメイン取得サイトでは希少価値の高いプレミアムドメインを紹介しています。

www.onamae.com

 

こういうサイトでどういうドメインが価値があるのかを知り、自分がドメインを取るときの参考にするとよいかと思います。

 

SEO的にドメインにキーワードを入れよう

SEO的にはキーワードをドメインに入れた方が検索結果が上位表示されるという考え方があります。

 

例えば、ネコに関するサイトを開くとして、ドメインの中にcatという文字列が入っていた方が、検索結果として良い結果になる可能性が高いという話です。実際のところは影響するのかわからないのですが、ドメインからどんなサイトなのかと把握できるのは重要なことだと思います。

 

ただ、人気のキーワードともなるとドメインはすでに取得されている場合が多いので、無理に入れようとしてドメインが長くなってしまうことがよくあります。難しいところです。

サイト名に応じたドメインの設定

ドメインにある特定のキーワードを入れるという方法としては、汎用的な言葉ではなく、サイト名や企業の名前を入れるケースが多くあります。

 

例えば、犬というサイトを作ろうと思っても、検索結果上では「犬」という検索ワードで1位を獲得することはかなり難しいでしょうから、そういうときの対策として、サイト名をより具体的でユニークな名前にするという方法があります。

 

例えば犬に関するサイトとして、まずはサイト名にこんな名前をつけます。

「犬かきもできない私が犬のしつけ情報を発信するサイト」

わざとふざけてつけてみました。SEO的観点で考えると複合キーワードが「犬」と「しつけ」位しか入っていないので、長いわりに良くないのかもしれませんが、もしこの長いキーワードで検索されたならば、すぐに自分のサイトを1番上に表示することができます。

 

サイト名をつけるときには本当にありきたりな名前をつけるとたくさんのサイトに埋もれてしまいアクセス量が減ることになります。しかしながら、長いサイト名はそれだけで検索されにくいです。私の例であげたような長いサイト名であれば誰も完璧に覚えてくれるはずがありません。短く、ユニークな(たった一つしかないという意味で)サイト名とそれに応じたドメインをつけることがポイントです。

 

例えば、「ドットインストール」というサイト名。URLはhttp://dotinstall.com/というものです。

 

ドットインストールはプログラミングが学べる動画サイトでありますが、この「ドットインストール」という名前は「ドットインストール」ができる前には存在しなかった言葉であると思います。今までなかった言葉なのだから、検索サイトにインデックスされたとしても、他のサイトに埋もれる心配がありません。サイトが検索サイトに認知された段階から1番上に表示することができます。1番上に表示することができれば、人に口伝えで「ドットインストール」というサイトを作ったから見てみて!と宣伝したとしても、迷ってしまう心配はありません。

 

 

SEO的にドメインの中にキーワードを入れられなかったとするならば、私は短くユニークな名前をつけるのが良いと思います。キーワードは入れれませんが、サイト名を検索サイトに入れて検索したときに情報表示数が徐々に増えていくのを見れば、サイト運営のモチベーションになると思うからです。

 

 

私のドメイン取得時の失敗

そして、私のドメイン取得時の失敗についてです。私はサイトを新しく始めようとして、WordPressのテーマを買っていることからもわかる通り、すでにサイトができている状態というわけではなかったので、とりあえずドメインとテーマだけ買っておいて、サイトだけ出来上がった状態から、コンテンツを増やしていけばよいだろうと考えていました。なのでコンテンツ0からドメインだけ取りました。

 

だから正直なところ、コンテンツの中身も完全に決まりきっていない状態でしたので、サイトの名前だけを考えて、ドメインを取得しました。

 

ちょうど自分が取りたいドメインの文字列で「.com」も「.net」も「.jp」などすべてのドメインが取得できる状態だったので、勝手にユニーク(ただ一つしかないという意味)なサイト名に違いないと思っていました。

 

なので何の疑いもなく、「.com」ドメインを取得する手続きをしてお金を払いました。ちなみに3年契約です。3年ぐらいはちゃんと更新しようと力を入れる意味で3年契約にしました。

 

そして私が取得したドメインに関してなのですが、特定のキーワードが入っているものではなく、また短いものでもありません。覚えやすいかといえばそれは微妙な感じで、名前ありきで決めたサイトなので、自分だけが愛着を持てれば良いと考え、ドメイン名を決めました。

 

ドメイン設定やWordPressインストール、テーマの導入など様々なことを終わらせまして・・・

だいたい雑にいろんなサイトにかかわる設定を行い、コンテンツも1つ2つ入れたので、そろそろ「Google Search Console」でサイトを把握しておこうと、導入する手続きをしました。

 

一応「Google Search Console」を入れる前は、サイト設定を色々やっていたので、ノーインデックス設定にしており、検索サイトにインデックスされないように設定していました。

 

なので「Google Search Console」に登録する前に、そのノーインデックス設定を外して、そしてそれから「Google Search Console」に登録をしました。

 

私はこれまでの経験上、まだ検索サイトに「インデックス」されていないサイトでも「Google Search Console」に登録すると、瞬く間に登録したサイトが「インデックス」されることを知っていたので、これでようやく私のサイトの第1歩目が始まると心躍らせていました。

 

検索サイトにインデックスと同時に衝撃的ミスに気づく

とりあえず、そろそろインデックスされただろうと思って、検索サイトに自分の新しく作ったサイト名を検索するじゃないですかぁ。

 

その結果・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ、、、、1番上じゃない。えっ??????何なの?これ????????????う~わ。そうか。まぁそうだよね~~。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこのとき初めて気づきました。

実は私が勝手にオンリーワンだったと思っていたサイト名はもうこの世の中にあったのです。「.com」や「.net」があるから大丈夫と勝手に思っていた自分の完全なミスです。

 

 

自分でドメインを何個も持っていると、サイトを作る=自分だけのドメインを持つということが自分の中で一般化されてしまっていたので、ここまでの事態を把握できませんでした。そういえば、無料ブログ程度ならばいちいちドメインをとる人の方が少ないよな~と後から反省しました。私も今このはてなブログ独自ドメイン化していないですし。

 

 

ちなみに検索結果順位は8位でした。情報表示件数は1000万を超えてました。涙

 

 

じゃあ私のサイトより上にどんなサイトがいるのか?

Twitterフォロワー数1万人越えのアーティストの公式サイト。ちなみに活躍を見るに今後伸びそうです。アメーバ、LINEなど複数ブログをやっているみたいですね。

 

とある大手企業のちゃんとしたサイト。たぶんこれの上に行くのは難しそうです。

 

とある主婦のブログ。ちゃんと更新しているもの。閲覧数もなかなか。

 

海外の情報サイト。

 

海外のペラサイト。

 

 

 

 

結構壁が高いことがわかって正直萎えてます。

 

今回のサイトは有料テーマに引き続き、ドメインも3年契約と真面目に力を入れて更新するサイトだったので、本当に萎えてます。オンリーワンというポイントのみで取得したドメインがオンリーワンでも何でもなかったというのは結構つらいものがあります。

 

 

 

 

みなさんもドメイン取得や、サイト名を考えているときはちゃんとググるようにしましょう!やっぱり衝動買いはダメですね。