アスパラガス日記

アスパラガスは根を育てるもの。明日に向けて自分の根を育てていく今日でありたい。今考えていることをブログに。

ほぼ日手帳ができたというニュースを見ると手帳が欲しくなるのだが。

f:id:asparadiary:20160910200639j:plain

 

2016年9月1日よりほぼ日手帳2017が発売されたそうです。

www.1101.com

 

毎年のようにこの「ほぼ日手帳」発売の知らせを聞いて思うのは、今年こそ手帳に予定を書ける人になろう!ということです。

 

私は手帳をつける人ではないです。正確にはつけられる人ではないようです。

 

ほぼ日手帳が発売されるという知らせを聞いては、毎年のように手帳に興味が湧き、そしてほぼ日手帳ではない安めの手帳を毎年買ってしまいます。とはいっても毎日活用した試しがありません。いつも1週間、2週間ほどで面倒になってしまい、2か月後や3か月後になって「そういえば手帳買ったよな」と思いだしたようにまた記入し、そしてすぐにあきる。いつもその繰り返しです。

 

私には予定が埋まっているという感覚が合わないんですよね。楽しいこともストレスに、つらいことはよりストレスに感じてしまうんです。

 

しかし、人が手帳をつけているところを見ると、「カッコイイなぁ!!」と思っちゃうんですよね。自分の予定を管理できている人は「大人だな!!」と思うんです。

 

手帳ってたいして使っていないにもかかわらず、なかなか捨てる気になれないんです。だからこそ、今年は絶対に買わないようにしなければならないなぁと感じています。今も本棚に10冊近い手帳が並んでいます。

 

でも手帳って読み返すと楽しいんですよね。「この日はこんな予定だったんだ!」とか「そういえばこんなことあったんだな」など自分の人生を振り返れる感じがたまらないですよね。なんかアルバム見る感じと似ています。1年のうちに合わせると1か月分位しか書いていない私でも楽しいと思うんだから、毎日書いている人だったら相当読み応えありそうですよね。そういうところが憧れるんです。

 

私はどちらかといえば手帳にその日の日記をメインにして書いてしまうので、今年はブログを始めたから、ブログが手帳の代わりになるのではと感じています。

 

誰のためにもならない生産性のない文章ですが、とりあえずブログ続けていきたいです。「ほぼ日」で更新できたらいいなと思います。