読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスパラガス日記

アスパラガスは根を育てるもの。明日に向けて自分の根を育てていく今日でありたい。今考えていることをブログに。

明日から9月になるから、ブログの方向性を少し変えようと思う。

f:id:asparadiary:20160831132058j:plain

唐突ですが、私がブログを書き始めて約2週間ほどが経ちました。

 

ブログへのアクセスは10にも満たない数ですが、私は私なりにブログを楽しんでいます。どんな文章であれ、文章を考えるという行為が自分にとって何か良い影響が与えられるのではないかと考えるからです。

 

私がブログに書いていることは、非常に個人的な話が多く、今考えていること、感じたことを残すという目的でブログを始めたので、別にそれで何も悪くないと考えていたのですが、2~3日前に見たあるブログ記事での言葉が、どうしても自分の中で引っかかり続けているのです。

 

引っかかている言葉とは、以下の言葉に似たものです。(実際に見た記事はどのサイトのものか覚えていなく似たような言葉を載せているサイトを紹介します)

チラシの裏にでも書いてろ

ブログを「チラシの裏」と考えると痛い目にあうかも : Web Memo.SE

実際に私が見たサイトとは違うのですが、確かこれに似た言葉をネットで見た気がします。記事としてはよくありがちなブログとの向き合い方的な内容だったのですが、なぜかずっと頭に残っているのです。そのブログでは、価値のない記事であれば、「チラシの裏にでも書けばいい」わけで、ブログではネットで公開する以上、良い記事を書いて発信しなければ意味がないというような説明をしていたと思います。

 

私は今のブログ界がPVやSEOなどばかりに力を入れているそんな空気があまり好きではありません。単純にブログを書くという行為が私にとっては、好きな内容の好きな文章を楽しく書くという点にあるからです。なぜ確定不確定にかかわらず文章を書くことに直接関係のないSEOのために、文字数を気にしたり、タイトルを調整したり、URLやdescriptionを最適化したりといったことまで気にして文章を書かなければならないのか疑問に感じるからです。

 

私にとっては文章を書くことだけで精いっぱいなので、もしかしたら他の多くの方にとってはそういうSEO的なことを考えて文章を書くことがそれほど苦痛でないからかもしれません。しかし、何にもとらわれず、形式なども考えず、のびのびとただ文章を書くことの方が絶対に楽しいと私は感じてしまいます。

 

 

 しかしながら、私のこの現在のブログはいったい何のためにネットで公開しているのか自分でも疑問に感じるところがあります。だれが見ても価値のない文章で、もしかしたら今後の自分が読み返しても何も得られるものがない記事であるような気がしています。アクセス数が少ないということも記事に価値がないことを表していると思います。それこそ、「チラシの裏」にでも書いておいて、すぐに捨てても何も問題のないものばかりです。

 

私が好ましくないと感じていた、SEOに力を入れながら文章を書いていくブロガーさんと比べてみたとき、私のコンテンツは価値が0に等しい一方で、多くのブロガーさんは価値あり、そして為になるコンテンツを生み出し続けています。まさにインターネットを通して共有する価値があるものです。

 

 

そう考えたとき私がやっているこのブログはただの自己満足で他人に迷惑をかけているのではないかと感じました。もともと自分だけのために書いているという部分が大きかったのですが、先ほど紹介したサイトに書いてあった説明でいかに自分が良くないことをしているのかを気づかされました。それはこんな説明です。

「Webで公開する」ということ自体が「不特定多数に情報を発信する」ということですから、パスワードでもかけない限り読み手を制御することはできません。

ブログを「チラシの裏」と考えると痛い目にあうかも : Web Memo.SE

「読み手を制御することができない」のだから、自分だけがそれで良いという文章をネットに流すことの行為は、自分が意図していない所で人に迷惑をかけているように感じてきたのです。自分だけが良いと思って、道で歩きたばこをしている人と同じようなものです。自分が吸いたいという思いから、煙を不特定の人にばらまき、結果的に不快な思いをさせているようなものです。私は歩きたばこをする人が特に嫌いなので、私がブログでしていることはその人たちと同じことをしているのではないかと考えたとき、今のままのブログではいけないなと思うようになりました。

 

 

さらに、私が自分が一人で「チラシの裏」にでも書いておけばいい文章を垂れ流していることで、人に損をさせている具体的な事例があります。

 

それは私の書いて記事がかかわっています。

asparadiary.hatenablog.com

 

リオオリンピックで見ていて気になったスポーツ選手のネックレスがなぜ必要なのか?ということを疑問に感じたという記事です。私としてはなぜなのか?という疑問を文章にしたにすぎないので、実はそこに回答は書かれていません。ちゃんとした良いコンテンツを作り続けられるブロガーさんでしたら、自分が疑問に感じことに対して、その回答となるものを自分で調べて記事にするということを行うことでしょう。

 

この記事はなぜか私の書いた記事の中でもアクセス数が多いです。それだけ私と同じようにネックレスに疑問を感じている人が多いからでしょうが、せっかく疑問の答えと知ろうと訪問してきてくれた人々に、私はその答えを教えてあげることができていません。ただ読んでも価値のない個人の疑問を読ませられているにすぎません。まさに読む人にとって時間の無駄です!

 

 

そのように考えるようになったので、明日からは自分のことばかりで終わらないように、読んでもらえる人にとって少しでもいいから価値があると思ってもらえる記事作りをしていこうかなと感じました。たかがブログと考えていた部分がありましたが、少しずつ変わっていこうと思います。

 

とはいってもやはりSEOについては気にしないという点は変わりません。まずは自分が誰かのために役立つかもしれないと思う記事を書くことから始めていきます。

 

 

9月からは価値を追求しながら、自分の考えていることをまとめていきたいと思います。