アスパラガス日記

アスパラガスは根を育てるもの。明日に向けて自分の根を育てていく今日でありたい。今考えていることをブログに。

AdSenseの広告あり関連コンテンツユニットは誤クリック狙いと何が違うのか。

f:id:asparadiary:20170727201507p:plain

多くのサイトやブログなどで利用されているGoogle AdSenseには、通常の広告とは別に、特定のサイト運営者だけが利用できる関連コンテンツユニットというものがあります。

 

関連コンテンツユニットは、サイトのトラフィック量とページ数の最低要件をクリアしたサイトだけが設置することを許され、さらに良好なパフォーマンスと優れたユーザー エクスペリエンスが見込まれる場合には関連記事の間に広告を配置することが許されます。

 

詳しくこちら。

関連コンテンツ機能について - AdSense ヘルプ

関連コンテンツ ユニットに広告を表示する - AdSense ヘルプ

 

関連コンテンツユニットの重要なポイント

AdSenseのヘルプページによると、関連コンテンツユニットの重要なポイントとして、以下の項目を挙げています。

  • 関連性の高いコンテンツをユーザーに知らせることで、ページビュー数やサイトの滞在時間を増やすことができます。
  • 関連コンテンツ ユニットは、承認済みのサイトであればどのページにも配置できます。
  • ユニットに表示されるおすすめコンテンツは、サイト内のコンテンツです。たとえば abc.com と xyz.com の 2 つのサイトを運営している場合、それぞれのおすすめコンテンツは各サイト内から抽出されます。なお、おすすめコンテンツが抽出される対象ページは、Google 広告ユニットか関連コンテンツ ユニットが配置されているページに限られます。
  • 関連コンテンツ ユニットはモバイル、タブレット、PC に対応しています。
  • ほとんどの記事で画像を使用していないサイトの場合、関連コンテンツ ユニットはテキストのみの形式で表示されます。
  • 広告を掲載できるのは、十分に収益化が見込めるサイトだけです。
  • 関連コンテンツ ユニットを含むページにも AdSense プログラム ポリシーが適用されます。
  • このユニットは、テストでは使用できません。

関連コンテンツ機能について - AdSense ヘルプ

 これらの中でサイト運営者にとって利点となりえるのは、一番上の「ページビュー数やサイトの滞在時間を増やすことができる」というものではないかと考えます。

 

サイトの回遊率を高め、ユーザの滞在時間を増やし、より多くのコンテンツを読んでもらうことで、収益を多く得られる可能性があります。

 

読者にとっては読んだ記事と似たような関連記事を見つけやすくなり、サイト運営者はユーザにより多くの記事を読んでもらえる可能性が高まり、両者にとってWin-Winだと考えます。

 

広告ありの関連コンテンツユニットは両者にとってWin-Winか?

関連コンテンツユニットの重要なポイントの中には、「広告を掲載できるのは、十分に収益化が見込めるサイトだけです」という項目があります。

 

Googleにより関連コンテンツユニットの掲載が許可され、さらにその中に広告の掲載を許されたサイトというのは、サイトの価値としてGoogleからお墨付きをもらった優良なコンテンツを提供するサイトだと言えるでしょう。

 

ここでいう優良なサイトというのは、Googleから見て良いと思うサイトであり、それがユーザにとってイコールとは限りません。

 

しかしながらそんな優良なサイトに、誤クリックを狙っているかのような配置の広告を表示させているのは正直どうかと思っています。

 

Google AdSense自らの審査により、優良なサイトを次々と害悪なサイトへと導いているように私には見えます。

 

広告ありの関連コンテンツユニットは、明らかにユーザ(読者)にとって、良いものとはいえないと考えます。

 

これは、サイト運営者とGoogleにとってだけ得であり、ユーザに誤クリックさせ、広告をクリックさせようとする姿は、とてもユーザファーストの広告配置とは言えないだろうと考えます。

 

これまでAdSenseの厳しい規約を自らの手で台無しにしてしまったのが、広告ありの関連コンテンツユニットだと思うのです。

 

しかしながら、これをGoogle AdSenseが提供しているものだとすると、このタイプの広告を貼ることで、悪質なサイトと認定されることはなく、Googleにとってより多くの収益をもたらしてくれる良質なサイトと映ることでしょう。

 

広告ありの関連コンテンツユニットを掲載しているサイト運営者へ

せっかく良いコンテンツばかりのサイトなのに、広告ありの関連コンテンツユニットを採用していることがわかると、個人的にとても残念な気持ちになります。

 

このタイプのユニットを採用しているサイト運営者は、読者の方に誤クリックさせてまで、広告収益がほしいのでしょうか?

 

私はWebサイトには広告を貼るべきだと考えています。記事を読んでもらい、読者の方が広告だとちゃんとわかってもらえたうえで自然な流れで広告をクリックしてもらうというのが健全な形だと考えています。

 

読者の方が意図しない誤クリックなどで広告をクリックしてしまうのは、あってはならないと思います。

 

広告ありの関連コンテンツユニットを掲載しているサイト運営者は、自サイトのコンテンツかのように紛れ込ませた悪質な形態の広告を貼り続けますか?

 

結局は誤クリックさせてでも、収益がほしいのでしょうか?

 

※これらの考えは、広告ありの関連コンテンツユニットは誤クリックを導くような配置であるという私の個人的な主観を前提に書かれています。

あのタイプの広告は「決して誤クリックするようなものではない」と考える方もいっぱいいらっしゃるでしょうが、私は広告だと意図しないでクリックし、結果的に騙されたような気分になったことが何度かあります。だからこそ、今回このような内容の記事を書かせてもらいました。それぞれの運営者の考えがあって掲載しているにもかかわらず、この記事により不快な思いをさせてしまったら申し訳ないです。あくまで一個人の考えとして受け止めていただければと思います。